« 皮むきから栗ごはん | トップページ | メンチカツサンド »

2011-10-13

ひつじの実家の野菜餃子

肉餃子の記事を読んでくれた姉・イトコがうちの実家の野菜餃子のレシピを教えてくれたので、早速作ってみました。おんなじ味にできたよ♪ありがとう

昔、姉が外出先で作るために母・茂子が書いてくれた手書きのレシピです↓宝物だね♪

Recipe
全部の分量に「位」とあったり、生姜の量が「この位○」と図解してあったり、突然シューマイを作る時の注意書きがあったり・・・母らしいところが満載で、読むだけでクスクス笑ってしまいます。

姉の説明もプラスして上のレシピを翻訳してみました↓

ひつじの実家の野菜餃子
<材料>(70~80コ位出来る)
豚ひき肉 200g位
生姜のすりおろし 大さじ1位
★日本酒 大さじ1位
★紹興酒 大さじ1位
★醤油 大さじ1位
★ゴマ油 大さじ1位
★塩・コショウ 少々

ニラ 1束
長ネギ 10㎝
キャベツ 大きいもの1/2個

<作り方>
①大きなボウルに豚ひき肉と生姜のすりおろしと★の調味料をすべていれてよくこねる

001

↓よくこねる

002

(写真の肉はレシピの半量ですが、いろいろあってこの後の写真は分量どおりになってます)

②ニラを1~2mm幅に切る

③キャベツ、長ネギをみじん切りする
(フードプロセッサーでガーって一気にみじん切りすると楽)

④①に②ニラと③キャベツ、長ネギを入れてよく混ぜこねる

003
野菜のつなぎにうっすらお肉がある感じ

⑤密着ラップをして冷蔵庫で寝かせる(30分~)
004

前日に作って一晩寝かせてもOK。実家では午後にタネをつくっておいて、夕食で包んで焼く感じでした。この状態で密閉容器に入れて数日冷蔵保存可能です。

⑥餃子の皮で包む

野菜が多いので季節によって水分がたくさんでます。生地に穴をあけたり土手を作って、溜まった水分をキッチンペーパーで吸い取るとよい。

005

↑こうやっておくと隙間に水分が溜まります。

水分が多いタネなので、包んだら早めに焼かないと皮がふやけて並べておいたお皿にくっついてしまいます。保存する場合はすぐに間をあけてバットに並べて冷凍庫へ

⑦熱したフライパンに油をひいて、火を消して餃子をのせてお湯を入れて中火で5分

006

熱々ジューシーな野菜餃子の完成

酢醤油にラー油を垂らしてどうぞ

007

ほとんど野菜なので、1人で20個くらいペロリと食べてしまいます。

|

« 皮むきから栗ごはん | トップページ | メンチカツサンド »

コメント

美味しそう! 思い出したよ。

ゆだれが、タラーリです。

投稿: harapan | 2011-10-13 20:06

おいしそうでしょ!見た目ばっちり
焼くのは家にいた時から得意だったから自信があるのさ

投稿: ひつじ | 2011-10-15 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひつじの実家の野菜餃子:

« 皮むきから栗ごはん | トップページ | メンチカツサンド »