« のぶの実家の肉餃子 | トップページ | ひつじの実家の野菜餃子 »

2011-09-20

皮むきから栗ごはん

栗ごはんえんどう豆ごはんの次に大好きですが、剥き栗の状態で売ってるものでしか作ったことはありませんでした。

先日のぶのお母さんと八百屋さんに行く機会があり、おいしそうな栗が売っていたので一袋買い、半分こ。

剥いて栗ごはんにするといっていたので、私も挑戦してみました。

ネットをあさってみて、作り方をみるととりあえず3時間くらい水につけておくと皮が軟らかくなって剥きやすくなるとのことなので、ボウルに入れて3時間放置(写真、右ボウル)

201

すると、包丁で一か所皮をむき、端っこがつながった状態で皮をはがすように剥くと、案外簡単に皮がむけました。

202

残りの部分は手で隙間を持ち上げるようにすれば簡単に剥けました。

渋皮の状態になったら、もう一度水につけて放置すると渋川も柔らかくなって剥きやすいとのこと。

3時間後

今度は全部包丁でがんばって剥きます。

203

12個全部終了したけど、かなり大変;;鉄の包丁なので人差し指が真っ黒になってました。

大きいものは2つに切って、もう一度水につけておきます(アクが抜けるそうです)

204

炊飯器にお米2合半、分量の水、塩小さじ1、酒大1を入れてひと混ぜして
(塩を小さじ1/2くらいにしたら足りなかったので反省)

剥いた栗を乗せて準備完了

205

普通に炊飯

ジャーン できあがり。

206

やけに栗が大きく見えますが、3合炊の炊飯器だからです。

悪くなっているところは包丁で取り除いたつもりだったんだけど、加熱するとちょっとでも悪くなっているところは茶色くなってしまいました。

207

ごま塩をふってもOK

うーん 栗たっぷりでうれしいご飯になったけど

おいしさは剥き栗とさほど変わらないかも・・・(今回は塩が少なかったけど)

皮つきの栗はそのままゆでて、半分に切ってスプーンでほじって食べるおやつでいいかな~

|

« のぶの実家の肉餃子 | トップページ | ひつじの実家の野菜餃子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皮むきから栗ごはん:

« のぶの実家の肉餃子 | トップページ | ひつじの実家の野菜餃子 »