« 手作りお弁当DAY | トップページ | 開拓☆やさい屋めい »

2009-06-16

天使の庭猫リエちゃん

いただいたおべんとう

20090616_2

blogRanking参加中!クリックで応援よろしくお願いします。ひつじ

今朝、最後の庭猫のリエちゃんが天使になりました。

Rie1
                         (2年くらい前)

野良と家猫の間なので庭猫です。

お庭に住み着いた野良ちゃんなので

あげたゴハンは食べ、用意した箱で寝るけど

触らせてはくれない微妙な庭猫です。

お庭生まれのトラ猫で、その他いっぱいの猫と一緒に育ったので、生まれた年を覚えていないけど

4年くらい前に14歳で天使になった家猫プリちゃんよりも前から居たので、おそらく20歳は超えています。

Riw3

      (やってきた野良の足袋ちゃんを見てみぬふり)

貰われたり、天使になったりして

とうとう最後になってしまいました。

Rie2

                 (雪の日、寒さをこらえるリエ)

今年に入ったころから、妙に甘えるようになり、部屋にも入りたがり、よく鳴くようになりました。

なにも無いところに向かって鳴いたりしてたので、きっと何か見えるようになってたのかもしれません。

食べる量もずいぶん減ってきて、1週間前には水以外飲まなくなってしまいました。

食べなくなったら動物は持たないと思っていたのですが、多くの猫の中を生き抜いてきたリエはなんと1週間もヨロヨロと笑顔を見せてくれました。

疲れてうずくまったところを見つけては、部屋の近くまで抱っこして(抱っこさせてくれるようになりました)

また気づくと居なくなり、心配したころにまたフラリと姿を見せ、そんな1週間でした。

野良は最後の姿を見られたくないことが多いので、どこかに隠れてしまうのではないか

夜中の雨に打たれて寒い思いのまま居なくなってしまうのではないか

とても心配でした。

昨日の夜も激しい雨が降り、シゴトから帰ってきたときには姿が見えず、隠れてしまったかと思っていましたが

今朝、夜中心配していたチチが、部屋から見える位置にうずくまっているリエを見つけてくれました。

体は濡れていなかったので、雨が止んでから見える位置まで来てくれたことがとてもうれしかった

姉が抱っこして来てくれたけど、もうそのときは天使になってました。

でもまだ少しぬくもりがあり、抱っこするとクタっとしていました。

きっと心地のよかった庭で20年近く最後まで居られて幸せだったと思います。

ずっと母が猫の面倒を見ていて、どちらかというとチチは猫にあまりいい思いはしていなかったように思っていました。

でも、

あれ以来、家に一番長く居るチチが猫の(だけでなく庭の)面倒をみてくれて

この1週間もとっても心配してくれて

今朝、目に涙をいっぱい浮かべて見つけたときの状況を話してくれたのが、私はすごくうれしかった。

物心がついたころから近くに猫がいて、1匹居なくなるごとにこんな悲しい思いをするならもう2度と飼わない。と思っていたのに

でも、本当に全部居なくなってしまったので、とっても寂しいです。

|

« 手作りお弁当DAY | トップページ | 開拓☆やさい屋めい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天使の庭猫リエちゃん:

« 手作りお弁当DAY | トップページ | 開拓☆やさい屋めい »