« 葱こしょうそば | トップページ | ケチャップ星人 »

2009-03-28

東京マラソン2009 羊's eye

お待たせいたしました。

3月22日(日)に、初マラソンでどうにか完走した

東京マラソン2009の感想文をアップします。

ながーーーーーーーくなりますが

どうぞ!

要約すると、

「とっても楽しく最後までどうにか笑顔で走り続けられました。」

ランニングの参考にはなりません。

もし万が一、来年も出たいと思って

エントリーして

当選してしまったら、

きっとこのページが生きるかもしれないです。

***

3月20日(祝)

夕方、受付エントリーを済ましに、東京マラソンエキスポにGO!

予想外にガラガラ

101

細かく分かれた番号別の受付で郵送されてきた宣誓書と引き換えに

ゼッケン、手荷物袋&シール、計測チップなどなどを渡されました。

105

計測チップは繰り返し使っているもののようです。

106

ゴールまで辿り着いても、チップをなくしていたらメダルは授与されません。とのことなのでなくさないようにしないと。

参加者名簿には一般女子のところにちゃんと名前がありました。

107_6

所属を空欄にしてしまったのですが、みんな面白い名前でエントリーしていたので、次回はぜひ!面白い名前で!!

「ゴールでビール」とかまでありました。

そして、圧倒的に男子が多いようです。

出口前では手荷物用袋と記念Tシャツを渡されました。

102

一番小さいSSサイズを申請していたのですが、それでも身長157~163cm。
なので私には少し大きすぎ。

受付の出口ゲートの手前に応援者用の地図が置いてあったので何枚かGET

103

ばーっと開いて裏表にいっぱい書いてあって便利そうでした。

出口を出るとエキスポ会場

104

マラソンのコースを走っている映像が早送りで見れたり
バームなどのサンプルをもらったり・・・荷物がとっても重くなりました。

2日前まではたんぱく質をたっぷり!
ということで、お気に入りの焼肉屋さんに行ってみたんだけど、ガーン!祝日もお休みなんて・・・
ミンチじゃなくて、塊の肉が食べたいーとダダをこね
渋谷のアウトバックステーキまで移動し、少し並んだけどガッツリお肉をいただきました。

リブアイ・ステーキ 250g 2620円
ガーリック・マッシュポテト 270円
コールスロー 270円

Photo_2

あとなんか、スープが付いてた。

しっかり苦しくなるまで満腹になりました。

ストロベリー・ラバー・フロー 850円

Photo_4 

---

3月21日(土)

翌日の21日は、別件で長津田までドライブ
(たぁこ様のお友だちに洗濯機を譲っていただきました。ありがとーっ!大活躍してます)

郊外ならではの大型ショッピングセンターに立ち寄り、お散歩&ランチ

あれこれセット 950円
(海老の天ぷらサラダとミニうどん、ミニ丼のセット)
トッピングピリ辛ミンチ 150円

Photo_5

若鯱家@アピタ長津田店

前日のこの日は炭水化物をたっぷりいただきました。

このお店、日本で一番カレーうどんを売っている店と書いてありました。

関東には2店くらいしかないようですが、中部地方にたくさんあるようです。

しらなかったー

味もおいしかったですよ。

帰宅しマラソンの準備、といってもマラソンってとっても荷物が少ないのです、
小さいランニングウエストポーチには、もしものときのPASMOと、ハンドタオル、角砂糖、乾燥梅干、iPod、携帯電話
靴には計測用チップを同梱されていたタイラップ装着し、

105_4   

ウエアも準備
預け用荷物には走り終わってからの着替えと、きっと靴が履けなくなるのでビーチサンダル(洗顔と化粧ポーチも持ったけど、結局走った後の着替えはだだっ広い展示場なので化粧を直すような状況ではありませんでした。)
コースに立っててもらう人にはウィダインゼリーとカテキンウォーターを託し、当日おにぎり買って持っててーとお願い

早めにお休みなさーい

---

3月22日(日)

5時半ごろ起床
しっかりメイクして

勝負ご飯(ミートソーススパゲッティ、卵、野菜、ヨーグルト)

101_3 

をいただき
(作ってくれてありがとー)

7時過ぎに出発!
最寄の駅の時点でランナーらしき人(荷物預け用の袋を持った人)が3人も居ました。
渋谷駅についたところから、早朝とは思えないような人の数

102_2

ほとんどの人がランナーのようでした。

<大会のスケジュール>
7:00 開場・手荷物預け開始
8:00 スタートブロックへの整列開始
8:30 手荷物預け終了
8:45 スタートブロックへの整列完了
9:05 車椅子スタート
9:10 マラソン・10kmスタート

103_2

7:40ごろ新宿に到着
小田急ハルク地下のトイレはすでに行列

まぁ、いっかー
と都庁方面に歩いていくと
都庁手前のセンタービルにちらちら人がいるのに気づき、入っていくと空いてるトイレ発見!ラッキー

上着を脱いで荷物を整理し
手荷物トラック53番へ

104_2

350000人のランナーと観客で、ものすごい人でした。
手荷物トラックエリアから一般の人は入れないようでした。

トラックを後にし、Jスタートブロックに移動
道が細くなる手前では、牛歩ほどの渋滞に・・・
8時ちょい過ぎに余裕でJブロックに到着したので、目の前の公衆トイレ(多少行列がありました)にもう一回とりあえずいってみたり

そして、Jブロックに整列完了

106_2
      Jブロックの先頭

「詰めてくださーい」と、オールスタンディングの満員電車状態
しかも強風で寒いっ
屈伸するにしても、前後の人に「すみませんっ」って声をかける感じでした。

たぁこからTELがあり、「日比谷は混んでるから飯田橋のブックオフの前にいるねー」と連絡あり

9時少し前からワンセグで生放送を確認

車椅子のスタートもマラソンのスタートもワンセグで確認しました。

マラソンのスタートでは大きな空砲がなったので、近くでは鳩が飛び立っていました。

そのあとはまた暫く牛歩で前進、ちょっと進んだところですぐ左脇から歓声が上がり振り向くと、芸人集団が列に割り込んできました。大きな赤い巨体と思ったら松村 邦洋でした。

結局スタートラインまでは歩きで、

107_2

ラインを超えたのは9:25でした。トップから15分遅れのスタートです。
都知事に見送られ、ラインを超えるとみな走り出しました。

108_2

すぐにいくつかカーブし、7分/kmのペースで流れに乗って気持ちよくランニング
最初の方から仮設トイレに行列ができているのが印象てきでした。
寒さと緊張できっといきたくなるよねー

高校時代に見慣れた景色を眺めながら走り
歌舞伎町ではどこかの大学(たしか明治)のチアガールが踊っていました

富久町の交差点で母の実家のお墓があるお寺の目の前にきました。
ここだーとと思いながらジーとみたら、いつものお坊さんが普段着でお寺の駐車場の高台から観戦しているのに気づきました。

(9:50頃)

坂を下り、曙橋のあたり。社会人になりたての頃によくお昼で来ていた角のカレー屋さんだーっあのころのことを思い出すことはもうないと思っていたけど、あららこんなところで

防衛庁の前では鼓笛隊が演奏をしていたので、手を降ってみたけど
旗をもっている人しか振り返してくれなかった・・

お堀の脇を走って、大きな法政大のボワソナードタワーを見上げ
そろそろ、たぁこがいるはずの飯田橋
さっきのスタート前の電話では「わかったー探すね~」なんて返事をしたけど、私飯田橋なんて行く機会ないし、ブックオフがどの辺かなんて想像もできなかったーm

左の歩道をじーっと見ながら走っていたら
さくっと発見!
きれいなたぁこお姉さまが応援してくれました。

101_5

まだどこも痛くないさーっ!がんばるぞー

5kmも過ぎて、最初の給水
かっこよく走りながら飲もうかななんて思うと、口から溢れて胸にびちゃー掛かるから無理ね

続いて神保町。ここにはまだ元気な姿を撮るために、姉イトコとチチがいるはず。
って、ここも私よくわかってないんだけど、靖国通りとの大きな交差点の先って言ってた・・・どこどこ?見当たらないので電話 もうちょっと先のピンクの旗持ってる人の隣!

102

ってことだったので、進んで行くと発見!

103

止まって写真を撮っていると、イトコには余裕だねwって言われちゃった
たのしいんだけど行かなきゃーっ

(10:30頃)

ちょっと先はすぐに皇居
自分の足で走ったことがある道はちょっと安心だね~
皇居の正面のきれいな芝生のところにある公衆トイレの列が短かったのでここで最初のトイレ
5人くらいは並んでいたので3分くらいはロスした気がする
待ってる間に東京タワーのあたりにいるはずのセコンドとTELして、正確な位置を確認

皇居の正面あたりから、道路の左側がマラソンのレーン、右側が10kmのレーンに分かれだし、日比谷の交差点を右折したところに10kmのゴールがありました。

10kmってこんなに短かったんだって思ってしまったー
今までの最長ランニング記録が皇居2週の10kmだったので、ここからは初体験~
何が起きても知らないよ~

練習で10km走ったときもコース後半20kmの下見ランニング&ウォーキングに参加したときも、ちょっと無理して進んでしまってひざが痛くなっていたので
今日は、ん?と違和感を感じるたびにしっかり屈伸とストレッチをするようにしました。
3kmごとくらいにそれが繰り返されたんだけど、結局ゴールまでいままで練習で感じたような痛さは訪れませんでした。

東京タワーが見えてきたよ~

105

私のセコンドは増上寺の赤門の10mくらい先って言ってたので
赤い門が見えたときはとぉってもハッピーだったんだけど、
ひとつ前の風神雷神がいるフェイントの門でした;

本物の大きな赤門通過~
すぐにセコンド発見!

(11:00頃)

104

カテキンウォーターもらって、ぺらぺらおしゃべり

まだまだ元気ー

折り返して同じ位の場所にいる約束して

いざ品川へ

向かい風キツイっ

しかも高いビルの間であんまり景色良くないし、

知ってる町だけど、全体の中でもここら辺が一番さみしかったかな

(松村さんが倒れたのは確かこのアタリです。)

折り返し地点は、はとバス2台でコースガイドw

(11:20頃)

106 

タイム計測機を越えるとみんなとりあえず止まってストレッチ

帰りは一回走った道だし、気持ち追い風だったのでさーっと過ぎていきました。

途中、往路に回収バスを見てしまい

107_2

一気に焦り始めました。

(11:50頃)

増上寺の向かいでセコンドに再会

109

ちょうどお腹もすいてきたところで、おにぎりを買って待っててくれました。

108

しかも鰻♪一気にむしゃむしゃ食べてると、なんと雨がさーっと降ってきてしまいました。

こんなに早くから降るなんて(涙)

全部飲み込んで、出発!

雨の中もくもくと走り、ちょっと弱くなってきたな~とおもってきた日比谷公園の向かい付近で

スーツを着てランナーにハイタッチをしてる人発見!近くにカメラマンもいる~とおもったら

オバマ(ノッチ)だーーー!!!!!!
このブログのまんまの格好でした。

コースを斜めに横切って、ちゃんとハイタッチしてきました。

小さい方で温かくハイタッチしてくれました。わーい!

日比谷の交差点を曲がり銀座に入るところが丁度中間点。

ここから先は一度下見でRun&Walkに参加してるので、コースは完璧!

ほとんど雨は上がり沿道にも何重にも人がいて、温かくなったような気がしました。

(12:20頃)

走っているからか、ぬれたウィンブレもすぐに乾きました。

たくさんの声援の中ひたすら北上

いくつか川などを越える少しの上り坂で速度を落とし、時にはストレッチをして、できるだけ速度を落とさないように前進前進

東日本橋で本日2度目の姉イトコとチチに再会のはず、

モ○○ンの近くって言ってたのに見当たらないからTEL

ごめん、もうちょっと先の交差点にいるー

ってことで、ちゃんと発見!

101

(13時ごろ)

早いよーっって驚かれました。

ラップタイムを見ながらちゃんと予想していたらしいんだけど、ずいぶん早かったみたいです。私的には品川の折り返しからこの辺までずっといっぱいいっぱい

姉イトコと父は神保町から秋葉原まで歩き、ランチを食べ、東日本橋についたら到着時間ギリギリだったようです。

102_2

ウィダインゼリーを一気飲みして、

103_2

近くのトイレを確認して出発!

104_2

浅草橋の手前の仮設トイレにちょっと並んでよりました。

「この先で人形焼 配ってるから、がんばって!」

って、応援してるひとがいて

そこからずぅーーーっと期待しながら沿道を注視しながら走っていたのですが

気づいたら雷門についてしまいました;

105_2

きっと売り切れちゃったのね

でもこの銀座から雷門の往復は一般の人の給食がとっても多くてびっくりしました。

袋の飴をそのまま持っている人から、

お盆にクッキーやチョコレートをたくさん並べて持ってる人

塩が入ったタッパーを持ってる人

仮設のテーブルにコンロのお鍋を出して、味噌汁などを配ってる人

本当にたくさんいらっしゃいました。

お腹がびっくりしそうなのでコチラは遠慮してしまいましたが、受け取らないのが申し訳ないほどでした。

(13:30頃)

東日本橋の手前の30km地点でちょうどスタートから4時間でした。

このままのペースなら、5時間半いけるかも!!!

完全に遅れたペースだと思っていたのに、

(あっペース配分は最初からしてません。)

案外順調なペースだということに気づき残り全部を歩いても制限時間7時間内にゴールできそう!と思え一気に安心しました。

再びTEL

往路も姉イトコとチチに会えました。

106_2

みんな、ここのガードレールに足乗せてストレッチしてるよ

107_3

ってことだったので、私もそれっぽい格好をしてみました。

108_2

二人とはこれが最後

109_2

ありがとーっ

110

タイムに余裕がもてたので、すこしのんびりランニング

上り坂ではしっかり止まってストレッチして

でも、だんだん両足の小指が痛くなってきました。どーしよー気にしないでおこう

30kmを過ぎた辺りから沿道の人が「残り10km!」って言ってくれるんだけど、その「残り10km」が3kmくらい続いてた気がするんだよね。

でも銀座の中央通りの途中で

「残り9km!」と手作りのプラカードを持っているひとがいて

その一桁の距離がすごくうれしかった。

景色が銀座に戻り、4丁目の三愛が見えるとあとちょっと

東銀座を過ぎ、みたびセコンドと再開のはず

築地って言ったたけど、きっと一昨年たぁこと会った辺りだよね~

でも通り過ぎちゃったらいやだからTEL

めっちゃ近くで電話しててびっくり

(14:10頃)

足の小指がきになるので、とりあえず持ってきてもらった靴下に履き替えることに。

ちなみに、書類と一緒に送られてきたあの緑の靴紐はポニーテールに結びました。

101_3 

あーやっぱりマメができてる。

左右おなじところに同じくらい

お願いしてなかったのにテーピングを持ってきてくれてたので巻いて、

(ありがとー)

自分にダイジョウブ!と言い聞かせ、新しい靴下を履いて再スタート

102_3

次はビックサイトね。って言ったら 豊洲くらいにいるよ~って言ってくれたー。

築地を通過

この辺でシゴトでよく会うおじ様が応援していてくれたんだって~

連休前の金曜日も会ったんだから、いてくれる場所聞いておけばよかった。

知ってる人に会うのって、ほんとにほっとするんだー

右折し、いざ佃大橋

107_4

ここから少しの間は唯一歩道がなく沿道の応援がいなくなるところ

キツイのぼり坂にもなったので、iPodの力を借りて歩かずがんばって陸橋を走りきりました。

応援がないといっても、見える範囲で二人組のボランティアの人は立ってるし

AEDを背負った人も自転車とともに何人もいました。

橋を渡り豊洲へ

ららぽーとを越えたあたりでセコンドにTEL

もうちょっと先だった~

無事合流

「この手前で、クリームパンとレーズンを食べれた!」

っと報告してました↓

103_3

つぎはビックサイトでね~

この辺でkanae.ちゃんが応援してたんだって

104_3

すんごい応援して探したんだけどわかんなかったみたい。

そりゃーおおよその時間も分からず探しても

ぜぇったい見つけられないよ~

会いたかったね!

警察署の駐車場におかれた仮設トイレにだれも並んでいなかったので立ち寄って、トイレからでた目の前におまわりさんが

「oh! 君も走ってるの?最初っから走ってるの?ちっちゃいのにすごいね~」

って、声をかけてくれました。

でもこの長い直線、ものすごく向かい風がきつくてほんとに長かったー

108_3

右折し、有明の雰囲気が出てきたあたりから本降りの雨が降り出し

105_3

内側までぐっしょり・・・

速度も落ちて寒いし・・・

水溜りだらけだし・・・

なんか、とってもとってもつらかった

雨の中応援を続けてくれる人、写真を撮ってくれる人

106_3

みんなの姿を見ながら、やっとゴールしました。

6時間16分くらいでした。

ゴールシーン動画(4月末まで見られます)
12秒後くらいに右端に万歳をしながらゴールしてます♪
白いウィンブレにグレーのスコート

公式タイムは後日郵送されてくるそうです。

ゴール前では、万歳して笑顔で!ってずっとアナウンスで言ってました。

ゴールをすぎたところで、そこにいた係りの人に写真を撮ってもらいました。

101_5

うれしかったー

完走できた!

これで一生「フルマラソン完走した!」って言えるよ~

なんて、最初に思ってしまいました。

ビックサイトの東展示場の一番奥の外側がゴールなんですが、

ゴール後は東展示場の脇を手前までずーっと歩き

まず、靴の計測機をニッパーではずしてもらい、

その計測機を次のゾーンで渡し、メダルをかけてくれました。

母のような人に、ご苦労様がんばったね、とメダルをかけてもらえてとってもうれしかったです。

大きなバスタオルをもらってとっても温かかったー

102_4

一昨年はこんなに立派なタオルじゃなかったんだって

ほら、アシックスのタグまで付いているしっかりしたものだよー

103_4

その後、東京水、バナナ、みかん(「寒そう!風邪引かないでね」って3つもくれた)

ソイジョイ、エアサロンパスの試供品を頂き東展示場の一番手前から建物の中に入り荷物を受け取り。

展示場2つ分くらいのコンクリートのスペースにトラック番号とゼッケン番号ごとにキレイに整列しておいてくれたので、自分の番号に近づくだけで荷物を抱えて待っててくれました。

通路を挟んで反対側の展示場が更衣室

みんな足を引きずって移動

スタッフが運搬しますって、車椅子で待機もしていました。

反対側の展示場は3つ分くらいがぜーんぶ吹き抜けで更衣スペースに。

コンクリートの上で男性はそのままお着替え

奥にパーテーションが少しあり、女性はそこでお着替え

ギュウギュウだったよー

化粧も直さず逃げるように外へ

セコンドと合流して、やっとホットしたー

104_6

106_5 

土砂降りの中、家までどうにかたどりつき

録画していた生放送の最後だけ確認したら、

ゴールした時間の映像がワイプで流れていました!

右端に私がいるんだ~

107_5

26322番目くらいの完走者みたいw

22時頃にはお布団に入ってしまいました。

108_4

105_4 

帰り道と夜はマラソンなんて、もう二度とやるまいと思ったけど
翌日から元気でいられた私は、こんなに楽しい東京マラソンなら、もう一回やってみたいな。もし4時間台でゴールしたら、きっととっても気持ちいいんだなって思えてしまいました。

でもきっと、来年はもっともっと倍率が上がるんだろうな~

ちなみに、姉イトコは私がフルにエントリーするなら
10kmにエントリーしたいって言ってました。忘れないようにメモメモ

久しぶりに、限界までがんばって
諦める姿まで想像した時間でした。

3km先に待ってる人がいると思うと、そこまでは絶対元気なまま行こう!って思えて、それが、スタートからゴール直前まで続き、本当に一人きりでは笑顔でゴールできなかったと思いました。

見ず知らずの沿道の応援の人も、目が合うと がんばれ!笑顔で!って声をかけてくれて、本当にうれしかった

東京マラソン最高です!

+++

このマラソンが応募を開始した去年の夏ごろは,、まだ母のことで頭がいっぱいで、新たに何かをしよう!なんて考えられず、毎日笑顔でいようと努力することで精一杯でした。

3回目の応募となるたぁこがいつものように騒いでくれて、もともと持久走が好きだった私は、何かをやり始めたい、達成したいって少し思えることができました。
(ちなみに、中高の校内マラソン大会ではどちらも優勝していたので、一応自信はあったのです)

去年の秋にすごい倍率での当選が分かったとき、がんばれ!って母に背中を押してもらったような気がしました。

私がゴールまでかぶっていた青い帽子は、最後の雨で水を吸って重くなっちゃったけど、母が遊びに行くときによく被っていたものでした。

一緒にゴールできてよかった

|

« 葱こしょうそば | トップページ | ケチャップ星人 »

コメント

2年連続、私に誘われた人が当選するというジンクスをもっておりますたぁこどす。

ちなみに、一昨年はカッパ
http://blog.goo.ne.jp/koko_kara/e/2cbb68055d1395ec70e840315add83d9
こんなんでした

荷物受け取るのに30分以上かかったし(っていうか、自分でトラックの中から引き上げたし・・)

去年もタオルなんてなかったどぉぉ!

年々、ボランティアの人や観客のおかげで
いい大会になっていくんだねぇ。
ランナーだけじゃなくて、みんなで作るから楽しいんだよね

来年こそはひねくれたマラソンの神様に接待して
当選してもらわなきゃだわ

投稿: たぁこ | 2009-03-30 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソン2009 羊's eye:

« 葱こしょうそば | トップページ | ケチャップ星人 »